2016.02.25 準備

東京近郊で駅・プラットフォームで撮影したい:撮影許可 西武鉄道編

岡本 俊太郎

INDEX

駅、プラットフォームでの撮影は、映画、プロモーションビデオ、ミュージックビデオなど必要なシーンは多いと思います。
今回はその中でも都内からアクセスが良く、わりとリーズナブルに借りることのできる西武鉄道の撮影許可をまとめます。


最近のCMだと、花王ケープのCMで使われているみたいです。
CMはこちら

撮影の前提条件

  • 公序良俗に反する内容。
  • 反社会的な内容。
  • 当社および鉄道のイメージを損なう内容。
  • 危険行為を伴う撮影。

これらに反していないことが条件。
申し込みは駅施設の場合は2週間前、電車を使う場合は一ヶ月前になります。

申し込み方法は撮影申込書、企画書、台本などの提出
誓約書はお申込み終了後撮影前までに提出
申込書を提出後に社内審査が入り、その後打ち合わせがあります。(ロケハンも必要に合わせて行う)
支払いは撮影後に請求が来るようになっています。

料金について

気になる料金ですが、基本料金は以下のようです。

駅構内での撮影

撮影料・施設使用料:40,000円/時間(税別)
立会い人件費(平日):3,000円/時間(税別)

例:立会い者1名で、西武球場前駅で1時間撮影をした場合 40,000円(撮影料・施設使用料)+3,000円(立会い人件費)=43,000円/時間(税別)

※注意点:電車をご利用の際は、上記金額のほか、安全確保のための専門職係員手配などによる人件費が発生。
手配人員数は、撮影の内容により異なる。
西武鉄道HPより

駅紹介⑴:大型の撮影に向いている、西武球場駅前

西武球場の駅であるため、改札も大きく、人数や広さを出したい時はいいですね。

  • 駅、改札が大きく、大型の撮影には向いている
  • 2つの島式ホーム(臨時ホーム)を貸切でご利用できる(イベント開催日などを除く)
  • 臨時ホームに同時に数本の電車を留置することも可能
  • 映画「ツレがうつになりまして」他TVCMやプロモーションビデオなど多数の作品を撮影した実績あり

駅紹介⑵:こじんまりとしているけど雰囲気がある、新小金井駅

こちらは雰囲気押しの新小金井駅。
都内からも30分程度で行けてしまい、移動も楽そうです。

DSC_0291N
参照元:街画コム
233b76c5
ドラマ「So long チームB 生徒と教師の物語」ロケ地にもなったらしく、駅前の広場が使われていますね
参照元:C級hack(シクハック)
  • 駅前広場を利用できる。ドラマ撮影でラーメン屋の屋台のセットが設置されたこともあるらしい。
  • ホームが広い。跨線橋がなく、駅構内踏切のある駅。

駅紹介⑶:地下鉄の撮影に良い、新桜台駅

新桜台駅は、渋谷から30分程度で行ける場所にあります。
地下の駅でのシーンに便利そうですね。

地下駅です。広いコンコースがあるほか、地下駅であるため、天候に左右されずご利用いただけます。
これまでも大規模な撮影でご利用いただいた実績のある駅です。
実績作品 映画「SP 野望編」、「DOG×POLICE 純白の絆」、などの撮影で利用されています。

西武鉄道HPより

駅紹介⑷:ほのぼのとする駅、東吾野駅

場所的には埼玉の秩父方面にある駅。
映画、PVのワンシーンでうまく使えそうな駅ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホームもほんわかしていますね
高橋さんの写真記念館より
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
周りは山がたくさんある
高橋さんの写真記念館より

西武線は安価でホームを借りられますし、東京近郊なので撮影クルーを連れて行くのにも便利ですね。
また上記に挙げた駅ではなくても対応はできるみたいなので気軽に問い合わせてみてくださいね。

お問合せ窓口
西武鉄道運輸部スマイル&スマイル室ロケーションサービス担当
メールアドレス(seibu-fc@seibu-group.co.jp)
TEL.(04)2926-2225 FAX.(04)2926-2106
電話受付時間(平日) 9:00~17:00 
西武鉄道HPより

記事のシェア

岡本 俊太郎

制作アシスタント・プロデュース系が得意です。

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート

岡本 俊太郎

制作アシスタント・プロデュース系が得意です。

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報