2016.03.11(最終更新日: 2016.03.22) 撮影・演出

GoProでVR動画 を撮ろう。GoPro用360°マウント まとめ(16年3月現在)

岡本 俊太郎

VR元年とも言われる2016年、様々なメーカーが360°カメラを出しています。
その中でもGoProを数台取り付けて360°にするリグが目立ちます。
今現在、最も多くの人が使っている形態で、今後も増えて行くと思います。
そこで今回は、GoProのリグに絞ってどんなものが現在あるのかというのをまとめました。

1,Freedom360: Freedom360 Mount

Freedom360_wo_caps_v508
参照元:Freedom360°公式HPより
F360_complete_V5.2
参照元:Freedom360°公式HPより
suctioncup-V2-ext-F360
参照元:Freedom360°公式HPより
車につける様の三脚をつけるとこんな感じ。これは$119.95で買えるそうです。
  • 6つのGoproを装着
  • Hero4/Hero3+/Hero3 に装着可能
  • 価格は、$499.95

ウェブサイトはこちら

橋の上から、ジャンプするという動画
撮影カメラ:GoPro HERO4
編集ソフト:
Kolor Autopano Video Pro 2
Kolor Autopano Video Pro2/Giga 4 Bundle

隅田川の花火大会です。
GoPro 3+でISO感度1600でテスト撮影

2,防水になる、Freedom360: F360 Explorer

F360_Explorer_plus_5_cameras
参照元:Freedom360公式HPより

Freedom360-GoPro-Rig

こちらは上のFreedom360Mountの防水バージョン。
値段も少しだけ上がります。
ダイビングは利用できないみたいなので、ラフティングの撮影や、川下りなどに使えますね。

  • 利用できるGoproはHero4/Hero3+
  • 防水機能がついている
  • ダイビングはできない
  • 値段は、$674.95

使い方動画はこちら

アメリカグランドキャニオンのラフティングの動画

3,360Heros: PRO6

PRO6-M-2T
参照元:360HEROより
PRO6-M-5T
参照元:360HEROより
PRO6-M-6T
参照元:360HEROより
  • Hero3, Hero3+ and Hero4 が利用可能
  • 値段は、$495.00
  • アウトプットは7,500 x 3,750 pixels.

参照元:360HEROより

付け外しの動画

アフリカ像のドキュメンタリー動画

4,360Heros:Pro7


参照元:360HEROより

こちらは上のものとブランドは同じで、カメラが6つから7になったもの。
より高画質に撮ることが可能です。

  • 値段は、 $595.00(Pro6とは100ドル違い)
  • GoPro Hero3, Hero3+ Hero4 が可能
  • アウトプットは、7,500 x 3,750

参照元:360HEROより

参照元:360HEROより

5,Pro10HD


参照元:360HEROより

値段は、$745.00
Hero3, Hero3+ and Hero4が可能
アウトプットは、 12,000 x 6,000 pixels.


参照元:360HEROより

参照元:360HEROより

NASAの内部の動画

6,組み立て式で値段が安め 360Heros: 360H6

360H6M-2T

  • 値段は$199.95
  • ソフトウェアの360CAMMAN-V2 は$225.00
  • 防水(一応)

こういう形で組み立て型になっていて、コストを抑えたいのであればいいのかもしれませんが
本格的にやる人にとってはあまりオススメできません。
360H6M-6T

7,カメラ2つでオッケーiZugar: Z2X


参照元:iZugarより

  • Hero 3, Hero3+ and Hero4.が可能
  • 価格は$549


参照元:iZugarより

編集のやり方

こちらはプリセット登録のやり方

編集の様子

8,iZugar: Z3X

  • 価格は$999
  • Hero 3, Hero3+ and Hero4.が可能

9,iZugar: Z4X

こちらは撮影から編集までのフローをまとめた動画になります

  • 価格は$945
  • Hero 3, Hero3+ and Hero4.が可能

10,3Dで撮ろう!360Heros: 3DPRO12


参照元:360HEROより

実際の映像はこちらから見られます

セットの内容は、こちらの動画で見られます


参照元:360HEROより
  • Goproは12台必要
  • 価格は、 $999.95

参照元:360HEROより

11,3DPRO14H

こちらは上のものより画質をあげた14個go proを使うものです。


参照元:360Herosより
  • 値段は$999.95
  • Goproは14台必要

参照元:360Herosより

12,地面は映さない、Freedom360: F360 Broadcaster


参照元:freedom360より

参照元:freedom360より
  • 全方位ではなく、地面だけは映さないというもの。
  • 値段は$574.95
  • GoPro Hero 4/3+/3が取り付け可能

13,360Heros: PRO6L


参照元:360HEROSより

こちらも上記のものと同じく、地面は映さないものです。

  • 値段は$495.00
  • GoPro Hero 4/3+/3が取り付け可能

参照元:360HEROSより
こんな感じで頭に取り付けるのにいいですね。

参照元:360HEROSより
ドローンとも相性がいいです。

参照元:360HEROSより

14,空や地面の撮影は向かない水平カメラ360Heros: H3Pro7HD


参照元:360HEROSより
  • 値段は$595.00
  • GoPro Hero 4/3+/3が取り付け可能
  • GoProは7台必要

参照元:360HEROSより

15,8K・360度撮影が可能な16台連結カメラ GoPro: Odyssey


参照元:GoPro公式HPより

こちらは発売はされいてるが、在庫が少ないため、審査が必要で以下のサイトから申し込みができる。
http://jp.gopro.com/odyssey

  • GoProは16台必要
  • GoPro含めた値段は、1万5000ドル(約180万円)

 

2016.03.11(更新日: 2016.03.22) 撮影・演出

記事のシェア

岡本 俊太郎

制作アシスタント・プロデュース系が得意です。

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート

岡本 俊太郎

制作アシスタント・プロデュース系が得意です。

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報