2016.03.07(最終更新日: 2016.03.30) 編集

After Effects Tutorial さざ波(波紋)でタイトルロゴを作る

Yun YiYun Yi

今回は After Effectsの ウェーブワールドエフェクトを使ってさざ波を作って見たいと思います。
ウェーブワールドは After Effectsの 基本エフェクトなので気軽く使えます。

完成動画について

完成動画はこんな感じです。

今回のチュートリアルはこちらを元に製作しました。

それでは、早速やってみましょう!

1.ロゴを読み込む。

ロゴは白い色で用意してください。理由は後で説明します。

2.平面レイヤーを作る

「レイヤー→新規→平面」を選択して波形を作る平面レイヤーを作ってください。

3.ウェーブワールドエフェクトを選択

「エフェクト→シミュレーション→ウェーブワールド」を選択してエフェクトを掛けます。

反復する波はいらないので振幅は0に設定します。

そしてグラウンドをロゴのレイヤーに変えてください。そうすると選択したレイヤーの白い部分は表に出て黒い部分は凹みます。なのでロゴは白い色で用意してください。

グリット解像度を50にしてください。

傾斜は0.1にしてください。

グラウンドはここでは地面と言う意味で使って、波はここから反射してると思ってください。画面に見える緑の部分です。グラウンドの高さは波との距離になるので数値が低いと波は高く、数値が高いと波は低くなります。高さを自分の意図によって変えてください。
私は0。45に設定して、1フレーム後0.5、次のフレームに0.42になるように設定します。

落ち着いた感じがいいので明るさを0.2に調節して暗めにしてください。

4.プリコンポーズしてコンポジションを作る

ロゴのレイヤーとウェーブワールドのレイヤーをプリコンポーズして新しいコンポジションを作ってください。私の場合はbumpと名付けました。

5.新しい平面レイヤーを作って CC glassエフェクトを掛ける。

新しい平面レイヤーを作ってください。色は好みだ設定してください。「エフェクト→スタイライズ→CC Glass」選択します。

波に合わせてGlassの効果を付けたいのでsurfaceのBump Mapをbumpレイヤーに選択してください。

6.ロゴを複製してコンポに入れる。

ロゴを複製して色を変えます。私は黒にしました。

7.ロゴに動きを付ける。

ロゴが水面に落ちてきて波紋が出来るように見せるため、ロゴを3D変換して、Z軸を調整。画面手前からキーフレームを使って、画面中央に収まるようにZ軸上でロゴを移動させます。

出来上がりです!

記事のシェア

Yun Yi

Yun Yi

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート
Yun Yi

Yun Yi

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報