2016.09.12 編集

[RED基礎] ジオスコープとは?

Hiroki KamadaHiroki Kamada

フォルスカラーについて

REDの公式YouTubeページで登場するアメリカ人のネイトとショーンが、今回はREDのフォルスカラーの1つであるジオスコープについて説明してくれました。


引用:No Film School

そもそもフォルスカラーとは、画像の詳細がよく分かるようにコンピューターによって人工的に画像に着色した色(アルク参照)、つまり、ありのままの色を表現するのではなく、露出などを的確に入力するためのサポートとして明るさの階調などを実際とは違う色によって分かりやすく示してくれる色のことです。

ちなみに英語ではFalse Color(間違った色)と書きますが、別に色が何色だからと言って何かが間違っているわけではありません。誤認されやすそうですが、ただ映像を忠実に表そうとした色表現ではない、ということです。

ジオスコープ設定

メニュー(Menu)> 設定(Setting)> ディスプレイ(Display)> ツール(Tool)> フォルスカラー(False Color)> ジオスコープ(Gio Scope)


引用:No Film School

最初は全てグレイスケールで表示されます。画面に新しく表示された「1」から「16」までの数字はFストップを表しています。見たいストップをクリックすると、そのストップの部分が特定の色で以下のように表示されます。


引用:No Film School

「1」が最も暗く、「16」が最も明るい数値です。
「11」が適正露出である18%グレイに設定されているので、キーライトを被写体に当てた時にだいたい被写体のジオスコープが「11」を示しているか、という方法で露出を探すことも出来ます。

「16」ストップだけは8段階に分かれている

「16」つまり露出オーバーするかどうかの瀬戸際の判断を助ける機能がジオスコープには搭載されています。実は「16」ストップの中でさらに8つの色に分類されているのです。「16」は赤で表示されるのですが、色情報が全くない映像になるにつれて表示色が赤から黒への8段階の変化で表されています。黒っぽくなるほど露出オーバーに近づいている、ということです。


引用:No Film School

他にも役に立つ動画をご紹介

この動画は黒背景のスタジオ環境下において、完璧に照明がコントロールされた中で、キーとフィルの光の具合が人物の撮影にどう影響するかをシンプルに表した動画です。
光と影のレシオを勉強するためにとても参考になります。

この動画を作ってくれたアキンさん(Mr.Akin)もREDのジオスコープ機能を使いながら露出を的確に表示できるようにしています。

インタビューする被写体や動画コンテンツの内容によっては、このキーとフィルの度合いをジオスコープで確かめながら進めると自分が本当に欲しいルックで撮影しやすくなるかもしれません。

記事のシェア

Hiroki Kamada

Hiroki Kamada

南カルフォルニア大学卒業 Hollywoodで2011年、Prodigium Picturesという制作会社を設立し、以来自社で映像ディレクターをやっています。アメリカの最先端の情報に詳しい。

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート
Hiroki Kamada

Hiroki Kamada

南カルフォルニア大学卒業 Hollywoodで2011年、Prodigium Picturesという制作会社を設立し、以来自社で映像ディレクターをやっています。アメリカの最先端の情報に詳しい。

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報