2016.09.15(最終更新日: 2016.11.04) 編集

『クローンツール』の使い方(DaVinci Resolve)

Vook編集部Vook編集部

INDEX

DaVinci Resolve上のライブラリーには機能がいくつかあり、その1つがクローンツールです。

クローンツールでできることは、映像データのコピー(クローン)を取れること。
例えば、ハードディスクに入れてあるデータを別のところに移動して編集をしたい、撮影した素材をPC上だけじゃなくSSDなど別の場所に保存したい場合に、非常に便利です。

使い方を見てみましょう。

まず画面左の「メディアプール」のすぐ上にあるボタンをクリックするとライブラリーの横にクローンツールが出てきます。

クローンツール下の「+」マークをクリックすると、ジョブが出て、さらに下に「ここにソースをドロップ」、「ここに出力先をドロップ」と出てきます。

ソースには移動させる映像データを、出力先には移動先のフォルダやドライブなどをライブラリーから選択し、ドラッグ&ドロップします。

最後に、下の「クローン」をクリックすれば完了です。

クローンは複数のフォルダやドライブに保存することもできます。
バックアップ代わりにもなるので、使って損はなさそうですね!

【参考動画】

この機能の紹介は動画の1分20秒頃から始まります。

2016.09.15(更新日: 2016.11.04) 編集

記事のシェア

Vook編集部

Vook編集部

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート
Vook編集部

Vook編集部

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報