2016.09.23(最終更新日: 2016.11.04) 編集

メディアプール上で動画に音声を埋め込む方法(DaVinci Resolve)

Vook編集部Vook編集部

DaVinci Resolveのメディアプール上で、音声を映像の中に埋め込むこと(エンベデッド)ができます。
わざわざエディットページに戻らなくても、映像と音声の埋め込みやちょっとした調整もでき、そのデータはエディットページに反映されるので便利です。

使い方は以下の通りです。

画面右の音符マークを押すと、「エンベデッドオーディオ」の画面が出てきます。
この画面で音声が入っている映像を再生すると波形で音声のボリュームを確認することもできます。

次に、デイリーボタンを押すとこのような画面に切り替わります。

ここで再生画面を音声を埋め込みたい位置まで持ってきて、メディアプールから入れたい音声を選択します。
最後に、オーディオ画面右下のリンクボタンを押すと埋め込み完了。
再生すると音声が埋め込まれます。

【参考動画】

この機能の紹介は動画の9分40秒頃から始まります。

2016.09.23(更新日: 2016.11.04) 編集

記事のシェア

Vook編集部

Vook編集部

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート
Vook編集部

Vook編集部

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報