2016.09.27(最終更新日: 2017.01.24) 撮影・演出

DIYカーマウントで焦点距離と画角を確保する。

Ryoma YoshimuraRyoma Yoshimura

焦点距離を稼ぐ

車内の人物や様子を、広い画角で撮影したい場合、
広角レンズを使って接近撮影すれば良いだけの話なのですが、
やはり歪みが発生してしまいます。

この歪みを回避するには、カメラを車外に出すことが解決策ではないでしょうか??

製品としてのカーマウントは存在しますが、
使用頻度も少ないので、わざわざ買う方も少ないかと思います。
そんな方に、簡易式のカーマウントは如何でしょうか。

材料

サクションリフター  1500円程度
コの字ステー      200円
U字金具        300円
M6ナット       150円
3/8インチねじ     150円 
雲台(あれば)

雲台を使わずに、カメラをステーに直付けしても良いかもしれません。
(小型カメラのねじの径規格は1/4インチです。
大型カメラや雲台には3/8インチねじが採用されています。)

念のために、落下防止のタイダウンで巻いています。
吸盤が張り付けば、ボンネットでもどこで付くので、
アクションカメラを使わずに、綺麗な映像を撮影できます。

2016.09.27(更新日: 2017.01.24) 撮影・演出

記事のシェア

Ryoma Yoshimura

Ryoma Yoshimura

Automotiveの映像に特化した、LTF PRODUCTIONを立ち上げ、ストリートのカルチャーを大切とした映像作品を制作している。

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート
Ryoma Yoshimura

Ryoma Yoshimura

Automotiveの映像に特化した、LTF PRODUCTIONを立ち上げ、ストリートのカルチャーを大切とした映像作品を制作している。

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報