2016.10.05(最終更新日: 2016.11.04) 準備

[Facebook]360°動画にキャプションをつける方法(SubRipファイルの作り方編)

Vook編集部Vook編集部

360°動画を率先して取り入れている事例は、主に海外で多いです。
昨冬のアメリカの大寒波の様子を、ABCニュースが360°動画を使って報じていたり

映画『Deadpool』のプロモーションでも使われていました。

また、Googleによると、米コカコーラが100周年記念で制作した360°動画は、通常の動画広告よりユーザーに見られるレート(ビュースルーレート)が36%上昇したとのことです。
360°動画を使う利点は大いにあると言えますね。

その動画をより注目して見てもらうためにも、キャプション(字幕)を入れるのはとても重要です。

キャプションを入れる前に確認しておきたいこと

SubRipファイル制作ルール

Facebookの動画に字幕を入れる時に使うのがSubRipファイル。[.srt]拡張子のファイルです。
この拡張子はYoutube動画でもサポートされているので、そのままYoutubeでも活用できます。
Youtubeで使える字幕ファイルはこちらを参照してください。

このSubRipファイルを作る時にはルールがあります。

字幕ファイルやクローズドキャプションファイルには、動画内で表示されるテキストと、各テキストが表示されるタイミングを決めるタイムコードの両方が含まれます。.srtファイル内では、字幕ごとに1つのブロックが構成されます。各ブロックは番号、字幕表示開始時間と終了時間、字幕テキストを含みます。各ブロック間は改行して1行空欄を開ける必要があり、最後のブロックの後ろにスペースや行を挿入してはいけません。

SubRip(.srt)ファイルを作成するときは以下のことに気をつけてください。

  • 各字幕に固有の連番が振られている。1ではじまりファイル内の最後の字幕まで続く連番になります。
  • 時間がすべて数字で「hh:mm:ss,fff」のフォーマットになっている。頭の0を忘れないようにしてください( 01:09:05,050など)。また2つのコロンと1つのコンマは多くても少なくてもいけません。
  • テキストファイルのエンコードがUTF-8になっている。エンコードがUTF-8になっていない場合は、テキストエディタでファイルを開いて新しいファイル名で保存しなおしてください。

Facebookヘルプセンターより抜粋

上記を踏まえると・・・


Facebookヘルプセンターより

という形で作ります。

その他の細かいルールとしては、

  • 字幕文章は改行して複数段落での表示が可能
  • 一行の文字が長い場合、自動的に改行される
  • 文字の装飾情報は記述できない

ということがありますのでご注意を。

[制作手順]ここをコピペすればすぐに使えます

  1. テキストエディットなどを開き、以下をコピー&ペーストします。

    1
    00:00:00,000 –> 00:00:01,000
    字幕に入れる文章
    <改行>
    2
    00:00:02,000 –> 00:00:03,000
    字幕に入れる文章
    <改行>
    3
    00:00:04,000 –> 00:00:04,000
    字幕に入れる文章

  2. 秒数と文章を書き換えます(<改行>も消してください)。
  3. 保存するときに、拡張子を[.srt]に変え、「UTF-8」でエンコードします。

この手順でSubRipファイルを作ることができます。

「テキストエディット」の環境設定変更

上記の流れでSubRipファイルを作る時、Macに標準装備されている「テキストエディット」では環境設定変更が必要な場合があります。
テキストエディット>環境設定 から確認できます。

  • [新規書類]でフォーマットを「標準テキスト」にする
  • [開く/保存]で「標準テキストファイルに拡張子”.txt”を追加」のチェックを外す

次回記事にて、実際に字幕を入れる方法や、すでにFacebookで投稿されている動画に字幕を追加、削除する方法をまとめます。

2016.10.05(更新日: 2016.11.04) 準備

記事のシェア

Vook編集部

Vook編集部

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート
Vook編集部

Vook編集部

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報