2015.12.24(最終更新日: 2016.02.04) 準備

東京近郊で電車・ホームの撮影をしよう!撮影許可 JR東日本編

岡本 俊太郎

電車や、駅のプラットフォームのシーンを撮りたい。

そんなときに、JRのロケーションサービスが使えます。
JR自体は良いところがたくさんあるので、少し割高ですが、広告撮影、映画撮影などは良いのではないでしょうか。

撮影の前提条件

JRの場合は、価格は1時間約15万円ほど、お客様の迷惑のかからないことを条件にロケ地を貸してもらいます。
台本や絵コンテなど撮影内容がわかる資料、また撮影見取り図も必要となります。
駅等の施設、一般車両の撮影は2週間前までの申し込み、また新幹線、特急の貸切撮影は1ヶ月半前の申し込みが必要です。

申し込み概要はこちら
撮影申請資料はこちら(エクセル・.xls)
サービス誓約書はこちら

普通の駅プラットフォームでの撮影をしたい

新しさがあり、東京近郊っぽい撮影ができる:武蔵小金井

新宿から中央線で21分。
駅のホームも新しく広いので、そういった絵を撮りたい場合はいいですね。

趣のあるホーム:鶴見駅

駅舎を撮りたい

東京駅

JRといえば東京駅。
東京駅の駅舎も実は撮影可能です。
東京駅での撮影詳細はこちら

松島海岸駅

こちらは日本三景の松島海岸の駅。
ドラマや映画の撮影にはぴったりですね。

新幹線で撮りたい

山形新幹線

そういうときは、山形新幹線が使えます!
E3_L64-E2_Coupling_in_omiya_20140517
山形新幹線撮影詳細はこちら

北陸新幹線

また新幹線の停車したホームを撮りたい場合、北陸新幹線の停車駅が使えるようです。
停車駅は、有名どころだと軽井沢、長野、富山、金沢。
人がいないような駅の場合、佐久平、上田、飯山あたりが良さそうですね。
北陸新幹線の停車駅参考はこちら

景色が良いところを撮影したい

旅番組や車窓シーンでは欠かせない、電車からの景色。
そういったときにおすすめなのが、八高線。
E233_keiyou_color
画像引用:Wikipedia
この路線は、八王子から高崎まで行くラインで、割とローカルな景色が撮れます。

高架下っぽいところを撮りたい

神田高架下

殺人事件での犯人が逃げるシーンや、酔っ払いがいるようなシーンに使えるのがこの神田の高架下。
割と人がいないので使いやすそうですね。
img_4
画像参照元:http://blogs.yahoo.co.jp/savior04gt/29998538.html
神田高架下の詳細はこちら

2015.12.24(更新日: 2016.02.04) 準備

記事のシェア

岡本 俊太郎

制作アシスタント・プロデュース系が得意です。

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート

岡本 俊太郎

制作アシスタント・プロデュース系が得意です。

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報