2016.02.11 撮影・演出

メイキング:GH4での4Kテレビドキュメンタリーの撮影フロー

伊納 達也伊納 達也

4Kの実験放送網Channel4Kでの放送された30分枠のドキュメンタリー番組
「長寿日本一をささえる山村の秘密」のディレクターを担当しました。

1.利用機材について

4K番組ということで4Kでの撮影が必要でしたが、制作した2014年秋にはまだFS7もFS5も、Atomos Shogunも未発売。
そんな中で「4Kの撮れる大判センサーカメラで取り回しの良いコンパクトなもの」として唯一使えたのがPanasonicのLUMIX GH4でした。

しかし、GH4をメインカメラにする際に問題になったのが、オーディオインプットがステレオミニしかないことと、レンズがマイクロフォーサーズ規格になってしまうという2つ。
この問題を解決する必要がありました。

1977383_811613175625399_4610280274852307315_n

オーディオインプットは上の写真のようにTascam DR60Dを使い、XLRのガンマイクをDR60D経由でステレオミニに変換してGH4に入れ、DR60D内でも収録を行うことにしました。
このとき、DR60DはGH4の下側につけると使っているうちにグラグラと安定しなくなっていくということと、並行が取りにくくなるということからカメラの上部につけることにしました。
(見た目は悪いですが、下部につけるより安定します。)

レンズがマイクロフォーサーズから選ばなくてはならず、選択肢がそれほど多くなくなる(そしてレンタルが少ない)という問題に関しては、Metabornes社のマウントアダプター、SpeedBoosterのEFからマイクロフォーサーズに変換するものが手に入ったので、これを使い、EFマウントのSigma 35mm F1.4、Canon EF 70-200mm F2.8EF-S専用のTokina 11-16mm F2.8の3本をメインで使用しました。(マイクロフォーサーズのフォクトレンダーシリーズも数カットだけ使っています。)

2.制作体制について

10384908_669028209877756_2420823069978807549_n

撮影チームはディレクターで私、伊納が入り、

カメラマンとして今回の制作会社である須高ケーブルテレビの渡邊さんが一人でまわし、プロデューサーが音声マンを兼任してガンマイクをふるという超ミニマム体制で制作を行いました。

山奥での撮影もあったので、小型機材・小規模チームの撮影は機動力があって結果的にはよい形になりました。

撮影してみてわかったGH4の問題点は、ボディのHDMI端子がやわすぎるということ。

今回はディレクター確認用にポータブルモニターをGH4につないで、撮影を行っていましたが、途中でカメラを動かした時に負荷がかかり、端子とケーブルが壊れるというトラブルが起こりました。
予備で2台目を持って行っていたので大事に至りませんでしたが、HDMI出力をして撮影する時にはケージなどでHDMIの端子ロックをしてから撮影するのが安全かもしれません。

使用機材 メインカメラ:LUMIX GH4,
レンズ:Sigma 35mm F1.4、Canon EF 70-200mm F2.8Tokina 11-16mm F2.8,
オーディオインプット:Tascam DR60D,
ソフトウェア Premiere(プレミア)
スタッフ Director 伊納達也
Camera 渡邊聖人
Producer 山岸慎治
Music 泉山由典
Narrator 田原アルノ

記事のシェア

伊納 達也

伊納 達也

ビデオグラファー/ノンフィクション・コマーシャル映像制作

more

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート
伊納 達也

伊納 達也

ビデオグラファー/ノンフィクション・コマーシャル映像制作

more

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

イベント情報