2016.02.02(最終更新日: 2016.02.16) 編集

Vimeo で綺麗にアップするための書き出し設定(Premiereの場合)

岡本 俊太郎

Vimeoに綺麗に動画をアップしたい時の書き出しの方法です。

1.最終シーケンスをハイライト

ファイル > 書き出し > メディアに行きます。

2. 書き出しオプション

スクリーンショット 2016-02-02 22.06.18

  • シーケンス設定をマッチ:チェック無し
  • フォーマット:H.264
  • プリセット:カスタム
  • コメント:無し
  • 出力ファイル名:出力ファイル名と書き出し場所を設定する場合は出力ファイル名をクリック
  • 動画出力:チェック
  • オーディオ出力:動画にオーディオがある場合はチェック
  • 3.エフェクトタブ

    スクリーンショット 2016-02-02 22.08.20

  • Lumetri Look / LUT:チェック無し
  • 画像オーバーレイ(イメージオーバーレイ):チェック無し
  • 名前オーバーレイ(ネームオーバーレイ):チェック無し
  • タイムコードオーバーレイ:チェック無し
  • 4.ソースに合わせる(マッチソース)ボタン

    動画タブでソースに合わせる(マッチソース)ボタンをクリック
    こうすると、ソース動画ファイルと同じ設定で動画が書き出されます。

    スクリーンショット 2016-02-02 22.10.30

    5.設定を確認し、微調整

    (注:設定の右にあるボックスからチェックを外すと設定を編集することができます):

    基本的な動画設定

    スクリーンショット 2016-02-02 22.18.49

  • 幅 / 高さ:ソースファイルの幅と高さで設定。動画を元より小さめに出力したい場合は幅と高さを調整してください。分からない場合は、そのままにしておいてください。
  • フレームレート:ソースファイルの元のフレームレートを選択。(マッチソースをクリックしたならば、デフォルトでソースと同じなはずです。)
  • フィールドオーダー:プログレッシブ
  • アスペクト:スクエアピクセル(1.0)
  • テレビスタンダード:そのまま
  • プロフィール:HDなら、Highを選択。SDなら、Mainを選択。
  • レベル:4.1
  • 最高解像度でレンダー:チェック
  • ビットレート設定

    スクリーンショット 2016-02-02 22.22.49

  • ビットレートエンコーディング:VBR, 2パス
  • ターゲットビットレート [Mbps]:720p HD動画の場合は 4 — 10 Mbps、1080p HD動画の場合は 10 — 20 Mbps、SD動画の場合は 2 — 5 Mbps
  • 最高ビットレート (Mbps):720p HD動画の場合は 4 — 10 Mbps、1080p HD動画の場合は10 — 20 Mbps、SD動画の場合は2 — 5 Mbps
  • 詳細設定

    スクリーンショット 2016-02-02 22.24.32
    キーフレーム距離:チェック無し

    6.オーディオタブで以下のオプションを選択

    スクリーンショット 2016-02-02 22.32.36

    オーディオフォーマット設定

  • オーディオフォーマット:AAC
  • 基本オーディオ設定

  • オーディオコーデック:AAC
  • サンプルレート:48000 Hz
  • チャンネル:ステレオ
  • パラメトリックステレオ:チェック無し
  • オーディオクオリティ:高
  • ビットレート設定

  • ビットレート [kbps]:320
  • 詳細設定

  • プレシデンス:サンプルレート
  • 7.マルチプレクサータブで以下のオプションを選択

    スクリーンショット 2016-02-02 22.35.59

    基本設定
    マルチプレクサー:MP4
    ストリーム適合性:標準

    8.キャプションタブ

    キャプションタブの設定は全て無視してください。

    9.FTPタブ

    FTPタブの設定は全て無視

    10.書き出しメニューの下にあるオプションは以下を選択

    スクリーンショット 2016-02-02 22.41.17

  • 最高精度レンダリング を使用:チェック
  • フレームブレンドを使用:チェック無し
  • プレビューを使用:チェック無し
  • プロジェクトに取り込む:チェック無し
  • 11.アップロードサイズの確認

    想定ファイルサイズを確認し、アップロード容量が十分にあるのをご確認ください。Basicメンバーは週に500MB、Plusメンバーは週に5GB、そしてPROメンバーは週につき20GBまでアップロードできます。ここをチェックしてどれだけ容量が残っているか、ご確認ください。

    12.出力

    設定を全て確認したのち、出力をクリック。そうすると、動画が書き出されます。

    13.アップロード

    出力された動画は見て、聞いて確認してからVimeoにアップロード

    ソフトウェア Premiere(プレミア)

    記事のシェア

    岡本 俊太郎

    制作アシスタント・プロデュース系が得意です。

    more

    最新情報をお届けします

    @VookJp Vook #動画制作ノート

    岡本 俊太郎

    制作アシスタント・プロデュース系が得意です。

    more

    記事のシェア

    • Facebookでシェアする
    • Tweetする

    映像制作に関わる人のための ポートフォリオ共有サービス

    イベント情報